NuGet Packup

NuGet Packup is a tool to create a NuGet package for the project, with getting values from AssemblyInfo.

NuGet Packup は、アセンブリの情報 (主に AssemblyInfo.cs) から必要な値を取得して、
NuGet パッケージを作成するためのツールです。

インストール方法

Visual Studio でプロジェクトを右クリックして [Nuget パッケージの管理] から NuGet Packup を検索するか、
またはパッケージ マネージャー コンソールで
    Install-Package Keiho.Tools.NuGetPackup

を実行すればインストールできます。

NuGet Packup をインストールすると、NuGet.CommandLine も同時にインストールされます。
インストールが完了すると、次のファイルがプロジェクトに追加されます。
  • NuGetPackup.exe
  • Package.nuspec.xml

値の指定方法

Package.nuspec.xml は、.nuspec ファイルのテンプレートとして使用されます。
Package.nuspec.xml にある $id$, $version$ などのプレースホルダーは、
NuGet パッケージを作成するために必要なパラメーターを表します。

各プレースホルダーに代入される値は、次の表の場所から取得されます。太字は必須項目です。
AssemblyInfo.cs に最初から記述されている AssemblyFileVersion 属性などのほかにも、
AssemblyMetadata 属性を利用して値を指定しておきます。

プレースホルダー 値の取得先
$id$ プロジェクトのプロパティのアセンブリ名
$version$ AssemblyFileVersion 属性
$title$ AssemblyTitle 属性
$description$ AssemblyDescription 属性
$author$ AssemblyCompany 属性
$copyright$ AssemblyCopyright 属性
$projectUrl$ AssemblyMetadata 属性、キー ProjectUrl
$licenseUrl$ AssemblyMetadata 属性、キー LicenseUrl
$tags$ AssemblyMetadata 属性、キー Tags
$releaseNotes$ AssemblyMetadata 属性、キー ReleaseNotes


NuGetPackup-assembly.png

必要であれば、.nuspec ファイルの仕様に従って Package.nuspec.xml を編集します。
例えば、
  • <frameworkAssemblies> : .NET Framework アセンブリへの参照
  • <dependencies> : パッケージへの参照
  • <files> : パッケージに含めるファイル
などがよく使われると思います。
既定では、bin\Release にあるファイルをライブラリとして追加します。

NuGetPackup-nuspec.png

実行方法

NuGetPackup.exe を実行すれば、NuGet パッケージが作成されます。
ただし、先にプロジェクトの Release ビルドを実施しておく必要があります。

動作環境
  • .NET Framework 4.5 以降

参照
補記
拡張子が .nuspec であるファイルを NuGet パッケージに含めることができないため、
ファイル名を Package.nuspec.xml としています。

Last edited Jul 16, 2013 at 9:09 AM by saka_pon, version 14

Comments

No comments yet.